嵐が起こるように

アラサー特有の二度目の思春期というワードを見て、なるほどと思った。 確かにこの感じは思春期と呼ぶのがふさわしいのかもしれない。 中学生の頃に発生する思春期は肉体的変化と共に自身に対する周囲の扱いが変化することにより、メンタル的に不安定になる…

失敗を受け止める

東京オリンピックボランティアの話。 ニュース記事によると人が足りないので、やりがいをアピールしよう、みたいな感じになっているらしい。 www3.nhk.or.jp この結論の愚かさはわざわざ誰が言うまでもなくわかるけど、その誰が言わなくてもわかるし、誰が言…

だましだまし

今日もまた何だか辛く苦しい日々であった。 自分は何かとすぐ理由をつけたがってしまう。この辛さはきっと●●のせいだからだろう、と。そして、自分はそこそこの行動力とそこそこの知恵があるので、その思い当たる困難を克服してしまう。 そして、それを克服…

気に入ったので。

前日は早く寝たので起きたら7時くらいだった。もそもそと起き上がり、テーブルの上に転がっているメモ帳とボールペンを手に取る。メモ帳から紙を一枚切り取り、今日やりたいことをツラツラとリストアップしていく。 10個くらいリストアップできたので、毎…

誰からも好かれるはずがないという自己認識

なかなか布団から起きられなかった。 もう買って数年たった布団は少しくたっとしていて、寝心地が良いわけでもないが、起きてもやりたいことが思いつかず、いっそもうこのままぐだぐだと1日が終わってしまった方が良いのではないかと考えながらゴロゴロとし…

期待値のコントロール

低気圧がくると体調が悪くなる。 一般的な症状らしい、何年か前から精神的にも不調になりやすくなった。 久々の連日の雨はそういう感じですぐわかった。 期待値のコントロールって難しいと思う。 人はいつでも誰かに何かを期待している。多くは言語化されな…

やりたいことがない

転職して三ヶ月が経った。最初はまた新しい環境で人間関係を作るのか、と少し萎えていたところもあったが、思ったほど心配はしなくて済みそうだった。 周囲の人も気さくでは無いが、共同体というものを感じさせない。言い方を変えると、集団生活という意識に…

ReactiveExtensionsへの理解のメモ

何故最近Rxについて調べているのか個人的な動機 最近は動くことより、読みやすい設計、変更に強い設計などに興味がある。その中で、Reactive Extensionを使ったReactive Programmingに触れる機会があったので、勉強してみた。 # ゴール 正直内容の抽象度が高…

RxSwift ReactiveProgramming with Swift メモ2

Subscribing to observables ObservableをSubscribeすることはIteratorの.nextを呼ぶことと近い event要素はOptionalなのでUnwrapして使うことができる

RxSwift ReactiveProgramming with Swift メモ

Rxswift: Reactive Programming with Swift, Second Edition 作者: Raywenderlich Com Team,Florent Pillet,Junior Bontognali 出版社/メーカー: Razeware LLC 発売日: 2017/12/15 メディア: ペーパーバック この商品を含むブログを見る 届いたので読み始め…

一つのことにすべての力を注ぐこと

命と魂をすり減らしながらゲームしてた。 とりあえずバッドエンドを見て一周。二周目に入ってます。 10時寝2時起きみたいな感じでしたが流石に疲れますね。 でも、何かに集中するという感覚を久々に取り戻しました。日常生活にもこの感覚をうまく取り入れた…

精神と時の部屋という表現は便利であるな

ゲームをしていたら、飯も食わずに10時間経ってました。 おそろしや。 仕方ないので、飯を食い、ノルマの勉強をこなしてまたゲームに戻ります。 毎日、毎日、やりたいことがいっぱいです。

終わりの始まり

ゲームを買いました。 なんやかんや10年近く毎回毎回新作を楽しみにしていたゲームの最終作。 すべてに始まりあれば終わりもあるのです。 最近勉強時間を計測してみましたが、大体平均一日2時間といったところ、もう少し増やしていきたいですね。

行動主義の心理学

行動主義の心理学 作者: J.B.ワトソン 出版社/メーカー: ちとせプレス 発売日: 2017/05/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る これ読んでる。 行動主義というものは、牛や豚を記述するのと同じ言葉で人間を記述することである。 まえがきの…

ペア読書をしてみた

ペア読書というのを試してみた。 note.mu こういうプラクティスは好きなので、よく試します。 対象はこれ。 お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book) 作者: 佐藤航陽 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/11/29 メディア: Kindle版 この商品…

居心地の良さへの不安

会社の歓迎会でした。 今の会社はとてもゆるくて、居心地が良いです。 居心地が良すぎると不安になるのは、誤った考えと思いつつ染み付いてしまっています。 よりフェアに物事を判断できるようになりたいです。 良いものは良く、悪いものは悪いのが真実です。

何もない日

今日は静かな一日だった。 特に悪いことはなかった。良いこともそんなになかった。

趣味は変わるもの

今日はなんだか気分の良い日だった。 色々やらなきゃいけないことが溜まっているが、少しずつ消化している。 昔興味を持っていた遊ぶ系から興味を失いつつある。 友達とは趣味で繋がりたくないんですよね。僕がすぐ興味を失ってしまうので。 友達とは趣味で…

ポイントホープに行ってきた

point-hope.jp 水戸市周辺で公衆電話を巡りながら、5つの物語を聞くというアート作品。 行ったことの無い非日常の場所で、もはや遺物と化した公衆電話を探し求め、使い慣れない機会を耳に当てて、不思議な物語を聞くという体験をしました。 アートであるこ…

言葉の万能性への考え

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計を買った。 DevelopersSummitがあったので翔泳社の書籍が50%OFFだったので、ずっと読みたかったので。 エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 作者: Eric Evans 出版社/メーカー: 翔泳社 発売日: 2013/11/20 メディ…

不惑

空いている時間はほぼプログラミングに当てている。 プログラミングは好きでも得意でも無かったが、公私の多くの時間を注いでも後悔しないで済むからプログラミングは好きだ。 自分は多くのことに時間を割くことができない。大切なことがぶれていると、いつ…

人生をどう捉えるか

20代後半の若者は、アイデンティティを喪失しやすく幸福感が低いらしい。 原因としては、社会人としてある程度の年齢を過ごしたにも関わらず世間一般ではまだ若者という扱いを受け軽んじられる。この自己認識と周囲からの評価のギャップに苦しむんだとか。 …

話過ぎる罪悪感

最近人と会ったときに話しすぎると思う。考えごとをし過ぎると、それは溢れ誰かに伝えないと治らない。 話を聞くとは大変だ、時間を使い傾聴し、理解し、場合によっては意見を述べる必要がある。そこにはコストが発生する。 話過ぎるとは、そのコストを相手…

勉強が好きでよかった

エンジニアのためのデザイン思考 エンジニアのためのデザイン思考入門作者: 東京工業大学エンジニアリングデザインプロジェクト,齊藤滋規,坂本啓,竹田陽子,角征典,大内孝子出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2017/12/15メディア: 単行本(ソフトカバー)この商…

新年気を改めていきたい

最近、寒くて生活が乱れていた。 私はとても怠惰な人間なので、自分の行動をある程度監視していないとすぐに生活が乱れてしまう。 具体的には部屋を掃除しなくなったり、洗濯物が散乱したりし、興味があることしか行えなくなる。 最近は勉強をすることが楽し…

ここにある家族観とは。

実家に戻った。かばんを下ろした僕に妹が言う。 「いつもいる人がいないことに気づいた?」 そういえば、父親がいない。 「お父さんはお酒が飲みたいからって、一人暮らしの家に戻ったよ」 父親は職場が遠いと言う理由で東京に一人暮らしをしている。年末に…

2018年

2018年になった。 今年もよろしくお願いします。 2017年は何とかブログを書くということを目標にしていました。一年経ってもブログを書いているということで、この目的は達成されました。 2017年はとても良い年でした。 ハーフマラソンを走りました。恒常的…

腹が立つ

お前に腹が立つ。 もう何年も同じ話を聞いている。同じ状況なのに、なぜ環境を変えようとしないのか、と聞きたい。 変化を決断しないことは、曖昧にしていても、受け入れていることと同様なんだぞ。 どちらがリスクかを判断しろ。そして自分で決断しろ。いく…

続々と話は進んでいく

Vimが最高 最近こればっかり言ってるけど、「すごい、こんなことまで出来るんだ」と毎日驚かされる。 180<Ctrl-A>で一番近い数字をインクリメントできるのとか最近知ったやつですけど、感動的。 どんどん手に馴染ませて行きたいよね。文字を書くことを楽しくしていか</ctrl-a>…

お金の使い方を考えている。 この世の中、何をするにしてもお金が必要となる。お金の使い方を考えることは必然的に人生の使い方を考えることになる。 直近一番考えたのは転職に伴う引っ越し先である。 引っ越し先では大きく以下の軸で考えた * 通勤時間 * 予…