黒くなっていく

携帯を見ると、LINE通知が溜まっていた。緑色のアイコンはすべて同じ差出人であることを示していた。彼は時折大量のLINEを送ってくる、そして僕の反応を期待しているわけじゃない。 LINEとはコミュニケーションのためのツールじゃないの?、と聞いたところ、…

私の範囲

ドンドンドンとドアの向こうを人が通過する音がする、私はそれで彼が帰ってきたことを知る。彼の部屋は一番奥の角部屋なので、階段のすぐ近くにある私の部屋の前を通過することになる。穏やかで、理知的な言動を取るにも関わらず、足音だけとても大きいのは…

生きるためのメモリ領域

仕事で少し行き詰まった。設計書を眺め、ソースコードを眺め、デバッグコードを走らせてみる。「プログラムは書いた通りにしか動かない」偉い人が言っていた。確かにその通りだと思うが、その言葉は何の慰めにもならない。一通り現在のレイヤーで調べられる…

自分のもの

大学時代、研究室でお世話になった先輩と久々に会った。 場所は、新宿駅からそう遠くない居酒屋。食べログのお店一覧を適当なジャンルで絞込をかけ、上から5番目のお店。食事にあまり興味のない僕たちのいつもの決め方だった。 「思ったよりいい店だね」 そ…

背中で語る

友人へのアドバイスってどうやったら良いと思う。尋ねると彼は一瞬考えるような顔をしたあと、難しいことを聞くねと言った。そう、難しいから聞いてるんだよ。何かあったのと逆に彼が聞いた、突然出てきた話題にしては背景がありそうな話だったよ。本当は初…

プリンの作り方

「あの店員、どう思う?」 私はメニューから目を上げて、右に座る片岡の顔を見て、次にその目線の先に目を向けた。2つ先のテーブルでは店員が前の客の皿を、自身の手に持つお盆の上に重ねているところだった。私は片岡の質問の意図を考える。特段何の印象も…

友達に順位を付けるとしたら

先週、今週と昔の知人に会ってきました。 どちらも環境が変わってからも定期的に会う親しい友人とも言うべき間柄です。 とても楽しい時間を過ごしました。 あまり友人が多い方ではないのですが、20数年も生きていると歴史は積み重なるもので、明確に友人と言…

「どんな仕事をしているのですか?」に対する返答について考えたこと

話の前の余談 文体が安定しないのはしっくりくる書き方を模索中だからです。 テーマ 新たに新人が部署に来た。相手をする中で「普段どんな仕事をしているのですか?」と聞かれた。 その質問に対して、私の返答とその反省について述べる。 背景 社会人として…

第一歩目に思うこと

はじめに はてなブログを初めました。この記事が、最初の投稿となります。つまり最初の一歩目となります。 最初の投稿は「何故ブログを書こうと思ったのか」について書こうと思います。 最初の一歩目というのは、私の中で大きな意味を持っています。 20歳も…