読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神的ヤリチン

最近、多くない?こういう奴。

そう言って、彼女は弄っていたスマホの画面をこちらに向けた。それはTwitterのタイムラインだった。私はスマホを受け取り、スルスルとスライドして眺める。そこには、30%程は彼の趣味の話、70%程は彼女が欲しいや、女の子に癒やされたい、守って欲しい、救って欲しい、または冗談のようにカップルにむき出された憎悪など。

確かに、多い気がしますね。僕のタイムラインにもいますね。空から女の子を夢見ている感じの人。

私、こういう奴むかつくんだよね。そう言って、僕から返されたスマホの画面に指をつきたてグリグリと押し付ける。

見てて愉快なもんだとは思わないけど、こういうツイートをしちゃう気持ちは理解できるので強い批判はしにくいな、と思いますね。あんまり強く表明はしないけど、自分にはそういう片鱗はありますしね。

まぁ、君も割とメルヘンなところあるしね、と笑った。まぁ思うのは仕方ないよ、それなりに一人で生きていくって寂しいしね。私には今んとこ犬がいるから大丈夫だけど。

だけどさ、私がむかつくのはこいつらがあまりにも無自覚なことなんだよね。

こういう奴って、女の子に救って欲しい、助けて欲しいと主張する。だけど、自分からは逆に何も提供しようとしない。自分はこんなに日々傷ついているんだから、守られ支えられることを当然だと思っている。じゃあ、仮にあんたを支えてくれる女の子がいたとして、その子に対してあんたは何ができるの?あんたたちは自分が優しいことを長所と勝手に思っているかもしれないけど、優しいって何?何もしないことを優しさだと思ってんの?そんなの、ただ彼女たちから感情を搾取したいと言ってるのと変わらないじゃない。そんなのただのヤリチンと一緒だからね、あんたらが大嫌いなヤリチンと一緒。そういうことにあまりにも無自覚なことが見ていて本当にムカつく。

こいつらは精神的ヤリチン、と言って彼女は〆た。

 

なんで、精神的ヤリチンになっちゃうんですかね、私は聞いた。

それは弱さって、使い勝手が良いからじゃない。彼らは満たされないという弱さを武器にしているから。今強さって使いにくいんだよ、それは威力が高いから結果も派手だし、使おうとするだけで非難されるからね。でも、弱さを武器にしても周りは止めにくいし、仮にそれで他人を傷つけても、誰も。切った本人は気づかないし、切られた方はちょっとモヤッとする程度。でもそれは間違いなく傷つけてるからね。

だから、少しは自覚的になりなさい、あんたの中の刃物にさ。